ライティングハイ。

そんな言葉があるのか、わからないけれど。書く場面にも、ライティングハイとも言うべき、ランナーズハイみたいなものがある。

脳みそが冴えわたり…ううん、透きとおり、どこまでも走っていける(書いていける)万能感が満ちてくる。これを逃すと、次はいつやってくるのかわからないからエキサイティングであると同時に不安も生まれる。絶対に次がある、とは言いきれないのだ。だれにもね。

ライティングハイが到来したら、とにかく行けるところまで走っていくと決めている。針が振り切れた瞬間、ガクンとくずれ落ちるので、やがてそうなる想定もしておく。本気で走る方々からは、同じにするなっと言われちゃうかもしれないけれど、そうなったらそうなったでよい、とわたしは思っている。

書く精度やテンション、集中力をつねに高めに保てたら、どんなに楽だろう。自身をコントロールできてこそプロだと指摘されたら、ごめんなさいと言うしかないけど。自分ではどうしようもない不安定さをふくめて、わたしはわたしなのだろうと思っている。

だからほぼいつも、感度は全開。あまりにも無防備な、むきたての卵みたいね、と言われたことを思い出す。さて、今はどうかな。