最高峰。

いつか、担当できたらいいなと願っていたクライアントの仕事が舞い込んだ。

そのジャンルでは最高峰。わたしの歩んできた道からすると、彼方にあったはずの峰をのぼりつめたことになる。求められていることはハイレベル、気に入ってもらえれば継続して関わっていけるから、自然と気合いも入ろうというもの。とはいえ、目的をまちがえてはいけないのだ。まずはオーダーに応え、適切な表現を見つけ出して、ていねいにまとめていくこと。そのためにこれから資料を探しにまちへ出ようか…といつになく、足元をいちいち確認している。なにしろこれまでは見上げてばかりいた頂なのだ。浮き足立ったまま臨むわけにはいかない。

その案件に関わる打ち合わせの帰り道、十数年ぶりにある人物にばったり出会った。まだ駆け出しのコピーライターだったころ、「今はこれだけしか出せないけどそのうち上げるから、まずは堪えて」と相当低いギャラで使われたのだった。当時はそういうものなんだろうと思っていたものの、その人は転身してしまい、わたしはポツン。安い報酬で引き受けた実績だけが残って、そのまま何年も据え置き…都合よく使い続けられたわけである。100本ノックのような日々で、いい修行だったなと今となっては思うけど。

あの時があるから、今がある。おかげさまで、書くことで食べていますよ。今も。