ヴォンフォン。

早朝に大暴れした台風18号を追うように、19号が発生した。ファンフォンに続いて今度はヴォンフォン、マカオの言葉でスズメバチという意味らしい。なんであっても、虫はいや。名前、まぎらわしいぞ。

台風に命名する、台風委員会というものがあるらしい。どうやって決めるのと調べてみたら、日本の他に14カ国ほど加盟していて、あらかじめ用意された140個の名前を順に使用。おおむね5年間で、台風の名前が一巡するらしい。大きな災害をもたらした台風については、台風委員会加盟国からの要請を受けて以後は使わないようにすることもあるとか。委員会を好むのは、日本だけではないのだな。

1年の後半に突入すると、年をまたいでスケジュールが埋まっていく。今年はやむなく夏に、3月はじまりで2月まで書きこめる…時間軸が縦に走るバーチカルタイプの手帳を選択。3月の予定を書きこもうとして、欄がないことを思い出す。また、中途半端な時期に手帳を買い足さなくてはならないのだな。飽き性のわたしには、ちょうどいいけどね。

1回目の審判がくだされた。突然変異はだれにも止められない。原因はわからないけど、現象を見ることはできると言われた。これは何かの思考に使えそう。

というわけで、散文スタイルで書いてみた。これはこれでいい感じ。