覚悟。

人生は、選択の連続である。と近しいだれかが言っていた。

何かコトを起こすと決めたり動かしていくのも選択だし、そっちにはいかない、そうしないと決めるのも選択。なかよし(だと勝手に思っている)のデザイナーさんがよく口にする「姿勢を示す」「態度を示す」というフレーズを、わたしはおまじないかお守りのように使っている。自分がおこなうすべての言動は、姿勢を示していることに他ならないから。

もうひとつ、わたしがさらによく使うのは、おそらく「覚悟」という単語。

愛用しているチャレンジ小学国語辞典第五版には「そのことからにげないで向かっていこう、と心を決めること。心構えをすること」と書いてある。姿勢は「何かをするときの体の格好や構え、体勢。心の持ち方、心構え」、態度は「心の動きが、ものの言い方やしぐさに表れたもの。身ぶり」なのだと。これらはすべて、その後の自分のふるまいとして具現化される。そのことからにげないで向かっていこう、と心を決めること…大切なのは、この部分。どう生きたいか、実際にどう生きるのか、自分の生き方に直結している、とわたしはいつも思っている。

ちなみにわたしは、にげはしないけど、たたかわない。たたかわずに勝つ、と決めている。