最高のボス。

初めて社会に足を踏み入れた先…百貨店時代の上司の定年退職を祝う会に出席した。行ってよかったし、呼んでもらえたことがうれしかった。男性陣のほとんどがおっさんになっている一方で(いい年なので仕方ないけど)、女性陣は全体的にふくよかになっている他は変わらずおきれいで、おどろいた。あれから20年以上、そんなに時がすぎたんだという感慨と共に、みんな、相当若かったのねと。

配属されたのは、半年後のオープンを控えた新店の準備室。あのころ、平均年齢は25歳くらいだったんじゃない?という声が飛び出し、ハッとした。当時は意識していなかったけど、お世話になった上司は30代で、先輩方は20代。支店の進路を定め、ひっぱっていく、すさまじいポジションだった。走りながら教わりながらさらに走る、自立が前提の部署だった。

「新入社員なんて関係ない。おまえはこの部署を背負ってるから、堂々と、行け。ケツは俺が拭く」と言い放った大柄なUさん。女王と呼ばれていたKさんは「広告は満点であたりまえなの」とツンとして言った。彼らは、わたしの最高のボスである。計画し、人を巻きこみ、最良の道を求める無私のスタイルを学んだ。

Kさん、ありがとうございました。他部署の上役に対して挑戦的な言動を繰り返しては「にかいちゃん、ドキドキさせないで~」と何度も言わせて、ごめんなさい。