うその日。

エイプリルフールだからうそをついていい、というのがずっとわからなかった。うそをついてはいけません(ならぬものはならぬのです)と言われてきたはずなのに、どうしてわざわざ、みんなでうそを披露しあうのか。何が目的なんだろう。

まぁまぁ痛い目にあってきたにも関わらず、まず相手のことを信じてしまう傾向があり…いちいち、おどろいてしまうのが常である。じょうだんもわからない、ユーモアのない人間であるかのように笑われるのが心外だったけど、うそをつくように言われても全然思いつかないし、自分はなんて平凡なんだろうと落ちこんだものである。ずいぶん大きくなるまで頭がカチコチで、まったくおもしろみのない人間だったはずなのに…どこで何がどうなって、こうなっちゃったのかなぁ(現在のことである)。

エイプリルフールについて調べてみると、横暴な時の権力者に対する反発から生まれた「嘘の新年」を祝うというストーリーがあるらしい。もしそれが本当なら、毎年うそをつく意味はある。とはいえ、わたしはやっぱり、うそをつくくらいなら1人ですごす。できないことはできないし、したくないことはしたくないから。

実は入籍したのに秘密にしてるとか、黙っているのはうそではない…とわたしは思う。うそをつくなら自分のためじゃなく、だれかのために、が美しい。