年度末。

あれを書こう、これも書こう、と思っているうちに忙殺されて…はや、3月も中旬。例年以上に過酷な日々で、確定申告をやり遂げられたのは奇跡であった。来年こそは優雅に…と思うのもお約束である。ここまで学習能力がないとは、と自分で自分があわれに。

この数日は原稿をばりばり書いていて、ここまで追いつめられたのは初めてなんじゃないか、というくらいピンチだった。仕事を詰めこみすぎたというのも一因なのかもしれないけれど「見込みがはずれた」側面が大きい。だれもが自分と同じスピードで思考し、つねに最良の方向へ舵取りをしながら、同レベルのクオリティで具現化できるわけではないのだ。上からものを言っているわけじゃなく、まぎれもない事実として。

期待しない、という生き方を選んでから、ずいぶん呼吸がしやすくなった。その分、自分が引き受けることになるので厳しさも増す。急にそういう状況が訪れても動じない余裕を持っていなければ、と痛切に考える機会の多い年度末である。