来月こそは。

あああ、もう2時間後には6月である。「日々のあわい」を、こまめに更新していこう、経理も今年こそはコツコツ処理しよう、買うばかりで追いつかない本を読もう、姫路のまちを探検しよう…といろいろ思っていたことが、まったく達成されていない。

月末がめぐり来るたびに誓うのだ。来月こそはいろいろ「ちゃんと」しようって。なのに、できたためしがないのは「ちゃんと」する気がないせいか、そもそも「ちゃんと」できるタチではないのか…しまいには、「ちゃんと」ってなんだろう?とわからなくなってしまうから、目標設定がまちがっているのだろう。あいまいなのかも。

あすからの、2016年6月は、これまでにない月となる。約15年ぶりに「勤め人」になる日が来るなんて思ってもみなかったし、純粋に、コピーライターとして、ではないのがおもしろい。半分だけ。フリーでありながらフリーでない状態を、期間限定で楽しめるか、自分で自分が見ものだなぁと。さらに、コーディネーターの素質があるか、フィニッシャーのままか、のびしろを観察される期間となるため、背筋がぴんと伸びている。