祭りの始まり

■ 1月6日(金)
午前5時まで原稿を。かなり頭が冴えており、いろんなことが一気に片付く。2時間眠って大学へ、U先生の授業に出席。年始早々、数字のまちがいをやらかした。なぜそうしたのか、自分でもわからない。1時間だけセンターに寄り、資料の準備。合間にカレーパンとあんパンをかじる。明石で、デザイナー・S氏と打ち合わせ。3つの案件が同時進行で申し訳ないなぁと思いつつ、共に乗り切らなくちゃ。明石に来たから玉子焼を!と魚の棚商店街へ行ったものの、キョロキョロするだけでお腹いっぱいに。Webサイトの「日々のあわい」のあり方を見直し、再構築してもらった。Webデザイナー・N氏に感謝。中だるみはあったけど、今夜も脳みそが冴えている。

■ 1月7日(土)
2日連続で、明け方5時まで。7時の総社さんの御神恩粥には間に合わなかった。七草がゆを楽しみにしていたのに。お昼から、立命館大学大阪いばらきキャンパスへ。「第二回 街路樹サミットin大阪」、約270名、満員御礼。専門用語がばんばん飛び交い、むずかしい内容だった。T画伯による「街路樹がこうなったらいいな!スケッチ」コーナがよかったなぁ。なにごとも、これからをカタチにするって大事だなと痛感。懇親会では、苦手なビュッフェスタイルにもかかわらず、空腹に負けていつもよりがんばった。みなさん、とても楽しそうでなによりだったけど、サミットでは基調講演やディスカッションをふまえて今後どうするかまでは言及されかったから、これからを考える時間の必要性を考えた。話は端的でないと、よくわからないなぁとも。街路樹になみなみならぬ関心を持つ三浦少年と、そのご家族とお話しできたのはうれしかったなぁ。T画伯に感謝。芦屋「Rio」のコーヒー豆が届いた。エチオピアとコスタリカの、楽しみである。
 
■ 1月8日(日)
雨、寒い。だからってわけじゃないけど、とじこもる。たまっていたメールの返信や、いくつもの原稿を書き上げる。1日遅れの七草がゆ。昨日から、体が無性に甘みをほしがる。

■ 1月9日(月・祝)
「神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ 」へ。篠山イノベーターズスクールのラップアップミーティングに潜り込ませてもらった。場や受講生の雰囲気を感じつつ、4月からのセミナーをどうしようかと思案。神大のN先生と、ひさしぶりに話せた。MカフェのUさんとも、帰りの電車で話しこむ。篠山まで、姫路からは2時間ちょっと。夜は、N町商店街青年部会議。お弁当が足りず、Nリーダーより「後でおごるから、ゆずって」との申し入れが。会議後、21時からN社長、K氏、YちゃんとボードゲームBarへ。言語感覚が問われるコードネーム、お絵描きが楽しいドゥードゥルクエストにはまった。今度、トランプでナポレオンというゲームをしようということに。

■ 1月10日(火)
ミーティングの日時をチェックしそこねていて、直前に知る。大学で、1日をすごす。学生が訪れたり、ワイワイしながらもパソコンに向かうことができるので、仕事が進む。それでもまだ、いろいろ追いつかないんだけど。夜、こどものためのカレールゥでカレースープをこしらえる。おいしくて、自分でびっくり。年度末に向けて、仕事祭りが本格化。