あの日。

■1月16日(月)
朝、起き上がれず。なんとか水素風呂に入り、午後から大学へ。ゆっくりパソコンに向かえる時間の尊さよ。そして、方々をずいぶんお待たせしちゃってる。

■1月17日(火)
徹夜で原稿をいくつか提出、5:46に黙とう。あの日は経験したことのない、寒くて暗い朝だった。日の出とともに希望がわき上がる…ことはなく、状況は信じられないものだった。大学でもちむぎミーティング、なかなか進行しないこととトントン拍子のことと。センターに寄って、すぐに帰宅。少し眠って、また原稿を書く。すこやかに仕事ができるありがたみ。

■1月18日(水)
10度を超えると、あたたかいなぁ。お昼、大学へ。2時間ほど 学生からの相談、いろいろ準備。荷物を置きにもどってから、新長田へ。モスバーガーで腹ごしらえ。ダンスボックスのステージで、代表のO氏と民生委員の会長さんとの対談。予想をはるかに超える内容だった。再びモスで打ち合わせ。もっと伝わるツールをつくらねば。

■1月19日(木)
芦屋川駅前のベンチで、ブツを受け取る。なんてていねいな仕事ぶりだろう、と思う。JR芦屋駅まで歩く途中、ダニエルでパンとコーヒーを。奈良のT林業さんで心おどるミーティング。実現したら、森も山もまちも、人も、すばらしいことになる。

■1月20日(金)
大学へ、U先生の授業に出席。興味深い取り組みをする学生団体が生まれそう。センターへ、ポン菓子を詰めたり、準備をいろいろ。バス停までの道、小雨が降った。福崎町へ、途中、雪の風景が。福崎町でも朝、雪が降ったらしい。営農組合で、新商品のパッケージの打ち合わせ。喜んでもらえてよかった。こんな商品もいいね、こうやって売ろう、と農家さんたちの間でふくらんでいくのが。