大学ラストデイズ。

■3月26日(日)
K屋さんで待ち合わせ、Nリーダーと商店街イベントの準備。縁起玉下で待ち合わせ、総社さんにお札をお返しし、新しいお札をいただく。N町すごろくの準備、こたつステーションの設営も。姫路城リニューアル2周年、青年部の活動も2年。「ハレの日Nまち」すごろく企画では、Nリーダーの要請で参加ファミリー2組についてまわった。I田家のボーイズ2人と総社さんへおまいり。言葉がしっかりしていて、おどろく。コーヒーをごちそうしてくれたり、かわいすぎ。夜はKさん、沖縄のDさん、呉服屋の若旦那、院を修了したばかりのYちゃん、3回生のRちゃん、1回生のAちゃんと「味園」で焼き肉。特にハラミがおいしかった。東京タラレバ娘の話題で盛り上がる。
 
■3月27日(月)
9時半から「リーダーギャザリング 姫路 2017 ~SIFE,Enactus,Local Action~」。学生の悩みに耳を傾け、方向性を指し示す場、興味深かった。視点が広がる様子を垣間見たり。Rちゃんの人生相談。ひとり、それでも彼が好きかと自問する日々。
 
■3月28日(火)
フレッシュネスバーガーで腹ごしらえしてから、大学へ。EHCのご案内リーフレットの検品、納品。台車でごろごろ。Yちゃんと神河町のチラシの打ち合わせをして、飛び出す。今年度最後のomusubiミーティング、これまでで最も充実したプロセス、中身だった。omusubiがいったんお休みになるなんて。夜は住吉の「もろもろ」という店で打ち上げ。シニアのKさん、Tさん、Uさん、甲南大学のNくんにまた会えますように。東灘区社協のKさんが市の社協へ異動するという。全市omusubiが実現するといい。
 
■3月29日(水)
スケジュールや今でないとならないタスクをなんとか調整して…午後から、マチオモイ町内会へ。自立して、継続的に実践していくための案を提示したけれどピンとこないようだった。わたしが受け手の視点で話せていないということだろうけど、主観しかない集団の前では客観的であることは不利なのか?脱退したい旨を伝えた。聞き入れてもらえない風ではあったけど、もう揺るがない。身辺整理を進める。
 
■3月30日(木)
ばりばり仕事、そして朝風呂。昼から大学へ、もりもり進んだ。T女史の妹さん、ハワイのKさんがケーキを持ってきてくださった。ルノルマン、また見てもらいたいなぁ。昼間はポカポカだったけど、夜はブルブル。あと1日。
 
■3月31日(金)
兵庫県立大学 地域創造機構支部の地域コーディネーター最終日。どうしても納品しなくちゃいけないリーフレットがなかなか届かず、やきもきしたり…いろいろギリギリながらも、すべりこみでまっとうできた(はず)。泊まり込んだり、走り回ったり、特に3月は濃かったな。エコ・ヒューマン地域連携センターに週3日相当通いつつ、これまでの経験や知識では歯が立たない世界にどっぷり触れたこの9ヵ月は、すぎてみればあっという間でかけがえのない日々だった。U先生、Yちゃん、T女史、お世話になった関係各位、なかよくなった学生諸君に感謝。それにしても、朝から雨。