時の川。

■5月29日(月)
授業の準備で、講師控え室ですごす時間が今季はすき。ようやく、したかった授業ができるようになったけど、つい先を急ぐため、抑揚をつけずにしゃべってしまっている気がする。U先生の授業は休講。母方の祖父は校長先生、看護師長を務めた母は看護学校の先生も担っていたことを、ふと思い出す。気質としては前に出るタイプではない+にも関わらず教える側にいるのは、丸ごと血筋か。
 
■5月30日(火)
暑い、早くも暑すぎる。お昼から、ルーブリックのミーティング。ルーブリックとはものさし、学習到達状況を評価 するための評価基準。U先生、I先生、Y先生がそろうとどこまでも楽しい。Aちゃんのお誕生日、メッセージを送ったら今日お引っ越しだったそう。幸せそうで何よりである。するべきことに追いついてない。
 
■5月31日(水)
宅配便が3つ届く。合間にもちむぎごはんを炊いて、もぐもぐ。午後から、旅と暮らしを支える企業でミーティング。これまでたずさわった仕事をお見せしたら、これからが楽しみだと言ってもらえた。フレッシュネスバーガーで、チキンとポテトとレモネード。資料を読み込む。帰宅して原稿を書き、見積書を起票、オシドリ茶の説明文も。あっという間に5月が去った。時の川。
 
■6月1日(木)
総社さんのついたちまいり、N町商店街青年部の早朝会議。お昼から、コメダ珈琲で事前の作戦会議。早朝会議で話題にのぼったジェリコなるものを注文してみる。牛牧場で、直営店をふくむマルシェ改変ミーティング。「うちのコンサルですw」と紹介されて、え!となった。そういう役割だったのかと再認識、そこまで買ってくださってありがたいなと思う。 「思ったままのストレートな意見を」と求められて語った、歯に衣を着せないにもほどがある発言がそのまんま記された書類が配られ、変な汗が。なのに理事や社長さんたちからは「いやぁ、わかりやすい。そのとおりだ!」とよろこばれ、改善していくことになった。 一体なにが起こっているのか、わからなかったぞ。帰宅して数十分後に、すごい雷雨。
 
■6月2日(金)
すっごくひさしぶりの通勤ラッシュ。奇跡的に加古川から座れた。姫路方面は、大阪や神戸の通勤圏内なのだと再認識。篠山で新たな出会い、あまりの男前ぶりにしびれる打ち合わせはさくさく進んだ。 資材ワンダーランドを見せてもらい、テンションアップ。篠山フィールドステーション初訪問、ランチは丹波篠山ご当地グルメ/篠山まるごと丼のひとつ、まなんじょう 農家レストラン「あかじゃが舎」力もちの権八丼。武庫川の源流だという真南条産コシヒカリ、猪肉、ニンジン、タマネギ、ゴボウの時雨煮、特産赤じゃが、大根もち入り。篠山へ行くたび食べたい、とまで思うおいしさ。篠山は寒かった。けれど、あの人たちは半袖だった。バームクーヘンを食べながら、ひと仕事して帰宅。
 
■6月3日(土)
イサリビのマグロが到着。父はマージャンだというので、母と三宮あたりを…と思っていたのに、閉じこもることに。このところ、どっしり座る時間が減っているから。けれど体がだるく、思いのほか、はかどらず。
 
■6月4日(日)
ルーブリックのワーディング、オシドリ茶のまとめ直し、Webサイトの原稿、日記のまとめ書き、授業の準備など。姫路文学館の藤沢周平展に行けなかった…行きたいとこには、早めに行かなきゃ。ジムにも全然、通えていない。