生誕日前。

■7月3日(月)
S社の社長インタビュー、雑談的にというオーダー。ふだんは聞けない、書けないお話ばかりであっという間の2時間だった。なんてキュートなんだろう。授業の準備をギリギリまで、清書の下書きの日。U先生の授業は中間発表の日で、言葉のチカラも企画力やプレゼン力も「企画デザイン基礎」で教えなければとあらためて思った。そんなに盛りだくさんはむずかしいけど。気温33度超え。 気に入っていた小鹿田焼のマグカップが割れてしまった、また探さねば。
 
■7月4日(火)
台風3号接近。西区の直売所の定例会、できることをまずやりましょう、となった。揚げたてのカレーパンとコロッケを、雨のバス停でほおばる。太陽が顔をのぞかせ、光が差した。台風がすぎた後の、ダイナミックな空(雲)がすき。明石でおいしい玉子焼店に出会った。松竹。
 
■7月5日(水)
とじこもって、せっせと。Skypeミーティングも。
 
■7月6日(木)
朝になって、コピー案が定まった。2時間ほど仮眠して、姫路といえばのS社で、ビジョン会議。大きな、1つ目の山を超えた。デザイナー・W氏とF氏と共に、ひさしぶりの岩座神(いさりがみ)へ、看板を眺め、横断幕の現調をして、ひさしぶりにK氏にお会いする。「うちは限界集落ではなく、抵抗集落だ!」と笑っておられた。外部の人が思わず手伝いたくなる、そんな場になるといいなぁ。集落丸山の例のように。ポスターや冊子をもらって帰る。わたしを姫路で降ろした後、W氏とF氏はバッティングセンターへ行ったらしい。U35だと言われた。行ってみたかったなぁ。
 
■7月7日(金)
睡魔に負けて仮眠をとってから、コピーライティング。朝、ギリギリに提出。2つ目の山を超えた(けれど山脈は続く)。お昼はLINEで電話ミーティング、夕方はレウルーラで探究ミーティング。それにしても、七夕はいつもすっきりしない。雨が降ったりやんだりの1日。
 
-『ソクラテスの弁明・クリトン』三嶋輝夫・田中享英訳のうち、ソクラテスの弁明を読了、クリトンは半分くらい。よく生きる、自分にとって望ましい生き方とはどういうものか。

■7月8日(土)
終日、明舞団地で「CP概論」。Sドクターのお話が、特に勉強になった。もっとお話を聞いてみたい。ワンダーマッピングというものを知る。ぜったい倒れる、という自信がなぜかあってフィールドワークには行かず。いい話と、それをごっそりひっくり返してしまうできごとと…いろいろ思うところの多かった1日。蝉が鳴いていた。
 
■7月9日(日)
発熱、柑橘類が食べたくてふらふらと買いに出たけれど、旬ではないらしくて無かった。しょんぼりとゼリーを選ぶ。寝たり起きたりしながら、仕事。