わたしの新年。

■7月10日(月)
前期の授業は残り2回、また準備がギリギリ。自分の「好き」を組み合わせて新しい仕事をつくる、という課題をカタチにしてもらう時間。清書を早々に終えて出て行く学生たち、これがベストか、自信満々か、出し切ったかと声をかけると、それぞれの表情を見せる。U先生の授業は自習、グループごとに発表準備。いったん帰宅して荷物を置き、ルーフトップバーベキュー、キャッスルビュー、満月。340でいつもの1コーラス制、1時ごろまで路地裏ハリー、燻製卵を食べまくる人たち。思えば、こんなにもワイワイした関係性を築いたことがない。準備から汗だく、食べながらも汗が流れる暑い1日。当然、熱は下がらず。
 
■7月11日(火)
S社でビジョン会議、ランチタイムにぶ厚いサンドイッチ。行動指針を詰める過程で、常務さんから広告にぴったりの文章が提示された。いよいよ大詰め。夜、都市の魅力アップ講座には行けず。朝、熱は37度半ばまで下がったが、夜になるとまた上がる。座り仕事はできるので、どうにか進める。
 
■7月12日(水)
誕生日、熱は下がった。憑きものが落ちたみたいに。わたしにとっての新年のはじまりに、指針表明をするつもりが…発熱の余波で何も進んでいないのが反省点。9時半から、三宮で打ち合わせ。誕生日ですね、と干し梅をいただいた。周年広告、Yクラブのコンセプトづくりとロゴの方向性決定。なんとかミッションクリア。シアトルズベストコーヒーでひと休み、コーヒーが飲みたくなるのは体調回復のサイン。ひんやりした店内で、仕事をばりばり進める。いい場所を見つけた。夜は、N町商店街青年部の会議。その後のクーポンマガジン部会で、リーダーに「いいね」と言ってもらえてほっとした。帰宅して、あすの会議の準備で使われる資料を読み込む。誕生日には仕事をしないぞ!と決めていたのに、今年も実行できず。そういう星なのか。
 
■7月13日(木)
イトコちゃんからギフトが届く。鹿児島産のおいしいものが詰まっていた。最近ますます、その土地にしかないものが、うれしいなぁ。午後から、KIITOで打ち合わせ。いいことをしているのに伝わっていない…地域の仕事は果てしないから、私の存在意義は恐らくまだまだ尽きないもよう。夜は住之江公園で、MというNPOのみなさんとの懇親会。創立メンバーと若手の融合がおもしろ…美しかった。ビジョンづくりが楽しみ。
 
■7月14日(金)
ジュンク堂、パントリーへ行った他は閉じこもって仕事。まんがで読破シリーズ『ソクラテスの弁明』『ゲーテとの対話』『武士道』『老子』を一気に読了。
 
■7月15日(土)
総社さんのなかのひまいり、N町商店街青年部の早朝会議、「ハレの日にかいまち」ハワイアン縁日の準備。合間に、県立大のオープンキャンパスにすべりこむ。ハレの日終了後、クーポンペーパーについてK氏と激論、Nリーダーと後から加わったI氏に感謝。自分はこんなにも我慢していたのか、ということに気づく。人生において、とても大切だと思っていた1点において。人はわかりあえない、だから工夫するんだ…と悟った(小3のころの)原点に立ちもどる。気持ちが決壊。この泣き方は、10年ぶりか。眠れない。
 
■7月16日(日)
マルシェ六甲の3周年、牛肉3品種を食べ比べ、神戸ビーフはやっぱりおいしい。六甲和牛、六甲牛ももちろんおいしい。予定を変更、寄り道せずに帰宅して、仕事。どう生きたいか、を考えすぎてしんどくなっている。わたしにとっての新しい1年のはじまりは、いつになく息苦しい。