喜界島の空と海の青。

■8月21日(月)
三宮の国際会館前で打ち合わせ、Nファミリーの車に乗せてもらう。淡路市で打ち合わせ。風が通る現地を見せてもらった。想像していたより大きな建築計画(模型)も。カフェ丸幸で打ち合わせ。鼓やにて、さわらのなかおち。マンション賃貸契約、審査を通過したとの知らせ。ほっとした。夜、じんましん。
 
■8月22日(火)
郵便局、山陽百貨店、マンション解約申請。お茶を送る。じんましんがおさまらない。
 
■8月23日(水)
夕方、1時間ほど三宮で打ち合わせ。仕事が終わるどころか次から次へとふくらんで、山場が続く。山脈ですね、といつも爽やかなデザイナーK氏と苦笑い。夜はN町商店街青年部の会議に遅刻。沙羅をもらって帰る。
 
■8月24日(木)
宍粟市の大阪屋で、ぜいたくすぎる会席料理。帳場など、歴史ある旅館らしい風情。県立伊和高等学校1年 の女子高生&大学生とで言葉で未来を見つめる授業。話を聞くことを楽しみながら、他己紹介に取り組んでくれた。先生方も喜んでくださったような(思い込みではありませんように)。ここ数日、今日の特別授業の準備が間に合わない!という夢ばかり見ていた。反省・改善点も多いけど、無事に終わって本当によかった。
 
■8月25日(金)
ぎりぎりまでパッキング、数時間の仮眠。5時起き、Nリーダーとリムジンバスに乗り込み、伊丹空港でフォカッチャモーニング。アロハ風かりゆし+パナマハット姿でI屋ファミリー 、K氏と合流したら、新婚旅行みたいだと笑われた。約1時間半で奄美大島、喜界島行きのプロペラ機に乗り換える。すばらしい天気。現地のM氏、H氏が出迎えてくださり、明砂呂でステーキランチ、食べたそばから汗が出る。A酒造で黒糖焼酎を製造する過程を見せてもらい、倒れる寸前の暑さの中、お話を聞く。できたての焼酎を味見させてもらった。40度超え、口の中をしばき回された感じ、むせた。飲めないのに、勢いで小瓶を購入。島そら豆と島みかんの加工センター前で、車から降りられないほどの夕立に遭遇。幻の花良治みかんなど、すばらしい香り&味だった。島空豆醤油、喜界島応援団シールなどを購入。夕食まで、スギラビーチへ。雲がダイナミックで、夕景がとても美しく、19時くらいまで泳げちゃう水温。「俺のバタフライ 」を動画で撮影。わたしは足を浸しただけだけど。夜は天晴で、魚介類に舌鼓。深夜まで、みんなめちゃくちゃ元気。それにしても日中は、肌がじりじり焼けるようで汗も噴き出す。雨音とヤモリ、カエルの合唱で寝付きが悪かった。
 
■8月26日(土)
Nリーダー の意向により、わたしもなぜか5時起き。ホテルの部屋から見た朝焼けがすばらしかった。喜界島を自転車で1周するチームを見送り、写真撮影後、岩肌ゴツゴツのハワイビーチへ。今日もまた「俺のバタフライ 」を動画で撮影。 自転車チームが途中合流、K氏がおぼれかける。自転車チームを再び見送った後、俊寛僧都のお墓におまいり、ファミリーセンターふくりで黒糖アイスキャンデーを買って、白砂のスギラビーチへ。本日2度目の「俺のバタフライ 」を撮影。オッドアイの白猫が性格のきつそうな顔とは裏腹に、親しげにまとわりついてきた。全力で日陰を探す。朝食にどうにか間に合い、11時から本日のプログラム。M本商店で喜界島さんのあれこれを見せてもらい、幻の花良治みかんの木にも遭遇。キャラメル色の黒糖を見せてもらった。サンゴカフェに早めに行ったら、飲食スペースは屋外で…とてもじゃないけど倒れてしまうと明砂呂までもどって、ミックスフライ定食。14時ごろに再びサンゴカフェ入り、15時から喜界島チャレンジセミナー。夕方、島とうがらしの加工場へ。夜は、ひっぱり凧へ。島そら豆のT氏、黒糖のS氏も来てくださった。深夜1時までカラオケ、ホテルの門限を破る大人たち。今夜もヤモリとカエルの大合唱。カラオケでは、H社長と思いがけない話題で盛り上がった。話せてうれしい。
 
■8月27日(日)
5時に起きて身支度を整えたのに、二度寝してしまった。8時ごろに朝食会場へ行くと、Nリーダーも起きられなかったとのこと。ほっとする。10時半ごろの便で喜界島を発ち、機体がバラバラになるんじゃないか、と心配になるほどの振動に耐えながら奄美大島へ。「たかたろう」と名のついた入道雲と記念撮影。縁起のいい名前の黒糖焼酎メーカーで、今回最後の商談。朝食は、I屋ファミリーとひさ倉で鶏飯を。毎日でも食べたいくらい、鶏飯が好き。NリーダーとK氏は隣の豚豚亭で島豚のトンカツ…だったかな。La Fonteでおいしいジェラートを食べ(マンゴーと黒糖)、泳ぎたいというNリーダーの意向のもと、リゾートホテル・ティダムーンへ。けれど、波打ち際から沖合に向かって生じる離岸流(りがんりゅう)が危険とのこと、潮目が分かる地元民しか無理と聞く。奄美の食文化が知りたいねとビッグツーへ。レンタカーを返却し、帰りのフライトぎりぎりに奄美空港へ。20時前に伊丹空港着、22時ごろに姫路着。新婚旅行ごっこも無事に終了。それにしても、現地のM氏、H氏にはとってもとってもお世話になった。心より感謝。喜界島には、ぜひとも再訪したい。