3年。

「していることが、3年前と全然ちがいますよね」と言われた。

たしかにそうだと思う。けれど、自分ではよくわからない。当時なにを考えて、なにをしていたのか、くわしいことを思い出せない。

思えば、数年ごとに人生が変わったような気がする。人間関係も変わるので、生まれ変わったと表現してもいいだろう。

引っ越しをして、環境が変わっていったことも大きい。20代前半で実家を出てから、いまで6つめのマンション暮らし。それだけいろいろあったんだなぁと、人ごとのように思えてくるけれど、自らの意思で環境を変えたことにちがいはない

人は変わるし、変わらない。

人生におけるいくつもの選択が、自分だけのターニングポイントを生み出していく。正解を求めたり、まちがいを恐れることなく、わが道を自分で決めてきた、これまでのスタイルをもっと積み重ねていけるといい。

そういえば先日、「あなたはパブリ子ですね」と言われた。自分では意識していないけれど、パブリックな活動が多いから、ということらしい。山ガールや森ガールのような呼称のひとつとして、いつか定着したらおもしろいなぁ。

3年前と現在が異なるように。3年後と今とではさらに、わたしは別の顔を見せるのだろう。老いていくことには真正面から抵抗していくつもりだけれど、経験値を超えた先に広がる世界…なにげない日常こそが未知の領域。日々いつのまにか更新されていくもようを楽しめたら最高だなぁと思っている。