つめこみ。

打ち合わせは、1日に2件までがいい。1件におさえられたらもっといい。

でも実際は、3つも4つもつめこむことがある。毎日に余白を、と願っていても「近々に」「急ぎで」「緊急で」というフレーズが次々に飛んできて、パズルみたいに埋まっていく。

1日1ページタイプを愛用していたこともあったけど、現在のスケジュール帳はバーチカル。時間軸が縦にならび、1日が帯状になっている。このタイプだと、何時から何時まで予定があるのか、ぽっかり空いている時間はあるのか、その日の動きを直感的に理解できていい。

何も書きこまれていない、白い時間帯はだいたい、パソコンの前に座っていられる時間。スケジュール帳をさかのぼって見てみると、去年からつめこんだ状態が続いており、落ち着いて書いたり考えるための時間が削られているので、なんとかしないとそろそろパンクだ。

さらにいま、最大の憂いは、たびたび遅刻してしまうこと。

以前は無遅刻があたりまえだったのに、数分~30分くらい遅れて駆けつける場面が増えている。「つめこみすぎです」とある人から指摘され、おっしゃるとおりだなとうなだれた。無理なときは、全力でことわればすむことだ。それができないのは、自分の責任。無理ですと伝えても、どうにもならないことも多いけど。

まだまだ「安定」した暮らしにはほど遠い。口を開けたまま泳ぐことで水流を取り込み呼吸しているマグロのように、これからもパタパタと走り続けるのかもしれないなぁ。