カラフルな新年。

■12月31日(月)
床を拭いたり、掃除を少し、年賀状も少し書く。おせち料理を届けてくれたI氏と、コーヒータイム。2018年の日記、ふりかえりなど書きものを終えてからN家へ。焼き穴子ときゅうり、年越しそばをいただいた。紅白歌合戦は、なぜか惹かれる米津玄師氏の「lemon」から。姫路・護国神社、総社、高砂の鹿嶋神社へ。蒸したての柏もちを初体験。その途中、元旦の深夜0〜3時にセールを行うという天然石のお店でレッドタイガーアイ、アマゾナイトのブレスレットを。氷点下1℃、N家にもどり、こたつでぬくぬく、うとうと。

■1月1日(火)
初日の出を見逃した。お雑煮、おせち料理をいただく。何に惹かれますかと聞かれて、アクアマリン、モルガナイトを指差した。以前のわたしなら選ばない、とてつもなくスイートな色合い。こたつでテレビ、を堪能する元旦は何年ぶりだろう。夜はリバーモールでケンタッキー。帰宅して、布団乾燥機でぬくめた布団に潜り込む。

■1月2日(水)
まんまと寝坊。朝風呂を楽しみ、神戸の実家へ。すまし汁に丸餅と大根、にんじん、白菜、鶏肉、かまぼこ入りのお雑煮とおせち料理を食べ、テレビを観たりして笑いころげる。わたしが笑うだけで喜んでくれる人たちがいることに、あらためて驚き、ありがたいなと思う。母と弟は今年も変わらず、箱根駅伝に夢中。

○今朝の夢のかけら…昔、とても関わりの深かった人物が自死したという知らせ、自分で命を絶つなんてできないと言っていたのにと思う。悲壮感はなく、淡々とした夢。場面が変わって、何かの相談会に相談役として参加、途中で抜け出して部活の会合に。わたしの書いた文章が黒板に記されていて、ところどころ端的に修正されていた。記憶に残っているのはlove&○○○○の文字。←4文字が思い出せない

■1月3日(木)
広峯神社に参拝、車が行列。ルチルを土に返し、おみくじを引く。びっくりDでハンバーグランチ、先祖供養について、日暮れ間際にお墓まいり。熊本で震度6弱…被害が最小でありますように。

○今朝の夢のかけら…何もかもが白い世界、何かから逃げている。がんじがらめになっている子どもたちを解放するために、彼らの意思を問う間もなく手を引いて走り出す。怖いのか初めは叫ぶけれど、引っ張られ、べそをかきながら走る子どもたち。なぜか大縄飛びをしながらとにかく走り、そのうちに縄がはしごみたいになって、ひらひらはためき、子どもたちを乗せたまま空へ。

■1月4日(金)
クリエイティブなアトリエで、トマト鍋パーティ。飾ることなく、ありのままに話せるって素敵。信頼関係あってこそ。

■1月5日(土)
午後から、神戸・元町のYカフェで打ち合わせ。大丸とDで、小さな器を選ぶ。ごはんの炊き初め、もち麦入り。

■1月6日(日)
キッチンの照明器具を取り付けるため、天井の該当箇所を見に大家さんが来訪。予想していたよりも照明器具が重かったそうで、作業は後日に。大きな郵便局、S百貨店、Pで買い物。そしていよいよ、ダイニングこたつを購入。18畳くらいあるリビングルームにふさわしいエアコンは20万近いことが判明、さすがに即決できない。カフェVで、1人作戦会議。自分の中のコピーライターの定義を変える「しない」宣言。