頑なな夜。

■8月6日(月)
ワークショップ後、いろいろひっくり返る。懇親会を早退し、別の会合に。なぜ、そこまで言われなければならないんだろうという数時間。人生を終えかけたほど混乱した、理不尽な夜。わたしは頑なだった。
 
■8月7日(火)
どん底から、なんとか平常に。神戸で打ち合わせ、豚汁ランチ。夕方、西区で打ち合わせ。往復の車中が楽しかった。人として。甘えたり、頼ったりを覚える。わたしは1人じゃない。
 
■8月8日(水)
朝のSkypeミーティングは、いつも楽しい。便せんと封筒を探しに行って、ラブレターを書く。いろんなことは、わたしが原因。それがわかると、視点も思考もがらっと変わる。ライオンズゲート、オレンジの手帳。
 
■8月9日(木)
朝一番、ラブレターを届ける。ステインドグラス作家さんのアトリエで打ち合わせ。ガラスのストックが約2,000枚、圧倒される。打ち合わせがかなり長引き、その後のネットミーティングがリスケとなった。申し訳ない。体調が思わしくない。
 
■8月10日(金)
尼崎でヒアリング、本音の本音、感情が感情を動かすのだなと再認識。動けなくなり、カフェで休む。深夜のメッセージ。
 
■8月11日(土)
寝たり起きたり。シアワセマルシェにも行けず。急に、いろんなことがどうでもよくなった。いい意味で。
 
■8月12日(日)
朝はファミレスで鮭定食、夜はほっけの一夜干し定食。からだが魚を欲しているらしい。ネット会議、1日に2度も会う。