「てがみ」について。

「にっき」は主観がメイン、自分の内側に向かう言葉を。「てがみ」は客観、世界へ向かう言葉を。今のところは、そう位置づけています。気が変わって「にっき」に集約するかもしれないなと思いつつ、想いや思考を言葉化していきます。