わたし

二階堂薫

コピーライター、兵庫県立大学非常勤講師

阪急百貨店で企画・宣伝を経験後、フリーランスに。モノやコト(衣食住遊)の他、教育、福祉、行政、地域、まち、農業や林業などの領域に携わる。事業やプロジェクト等の始まりから関わり、物事の根っこやモヤモヤを言葉にする過程を大切に、「考える、書く、聞く、伝える」ことをお手伝いしている。

企業、行政、NPO等でのセミナーや講座をはじめ、小学校、中学校、高等学校、大学等で、伝わる言葉やキャッチコピーの作り方、企画にまつわる授業を担当。2012~2014年 神戸芸術工科大学非常勤講師、2015年〜兵庫県立大学非常勤講師。2017年より、作家・塩野米松氏の教えを受けて「聞き書き」を伝播する活動を開始。

武庫川女子大学短期大学部人間関係学科卒業。兵庫県・西宮生まれの神戸育ち、2015年から姫路在住。コーヒー、果物、おにぎりが好き。

note / Twitter / Facebook

– 人生の目的・叶えたいこと

子どもも大人も問わず、自分の意思や考えを言葉で伝える喜びを伝え、共に学ぶ。目指しているのは、1人でも多くの人が自分の意思や考えを自分の言葉で表現できる世の中。

– できること、したいこと

①前進や成長、変化を望む全ての人が始めの一歩を踏み出せるよう「教える」「支える」「背中を押す」
②取り組みや人にそなわる本音や事実を掘り起こし、適切に「伝える」「書く」それを「支える」
③自ら学びたくなる授業や講座の探究・実践、教材の開発

【例えば】
○企業・行政・団体内編集部(広報部、デザイン室等)の設立と運営支援…ご自身の言葉で語れるよう、発信し続けられるようにサポートする
○セミナー・研修・講座・ワークショップ…伝わる広報・広告、Webサイトや紙媒体等を自分たちで制作しよう、伝える→伝わる言葉に、もやもやの言葉化、メモって大事、インタビュー、制作したチラシやリーフレットの講評会、本の帯を作ろう…他
○自ら学びたくなる授業や講座の探究・実践、教材の開発
○真実や本音を掘り起こして魅力的に伝えるコピーライティング
○広告短編小説等の執筆

※インターネット等のテクノロジーと対面等のアナログな手法をかけ合わせば、地球のどこに居ても仕事ができる時代。物理的な距離は、意思や意図の強さでカバーできると考えます。関わり方や仕事の進め方等については、ご相談ください。

※以上、2019年6月29日改訂