きり はじめて はなを むすぶ

大学の前期授業、あっという間に最終日。1コマは気ぜわしく、次のレベルの授業もしたくなる。室温がいよいよ30℃超え、近所の工事も騒々しいのでエアコンを初稼働。実務家教員の道を知る。実務家としては優れていても、教える特性を持たない人も多いとのこと。それぞれ、役割があるから。鱧料理、何もかもおいしい和食屋さんを知る。色んなこじれ、ほどいていけますように。果物がどっさり届いた。思わず泣いた、優しいランチタイム。京都で、毎日でもおまいりしたくなる理想の神社に出会う。茶屋もあるのだ。歩くだけで汗が噴き出す暑さだった。

桐始結花/大暑