めでたま、七草。

ワイワイしながら西脇へ、「tamaki niime」のめでたま、カレー、綿の収穫、織機が並ぶ工場の見学、新作のわっかを購入、嬉しい再会。旧来住家、播州折り工芸館にも。市川町のでんでんファーム、薫炭(くんたん)というものを知る。仕事始めは6日。春の七草、きてーな宍粟の新鮮なセット。大学生のインタビュープロジェクトがスタート、レクチャーを担当。新しい環境での酒席、新たな出会い。兵庫のバトンでは、わたしの本質の一端を垣間見た。

芹乃栄(せりすなわちさかう)/小寒