「にっき」について。

このページには、日々のあわい(日常のあれこれ)を記します。主観をメインに、客観との間を行き来することも。どちらかと言えば、自分の内面に向かう言葉を連ねます。

– – –
遠い昔、吉本ばななさんの公式サイトに触発されて、その後、武田百合子さんの『富士日記』に衝撃を受けて、Web日記を書いてきました。人生の節目をはじめ、ものの見方や考え方が変わるたびに全てをリセットしたくなるタチなので、過去の日記は残っていないけど。

本の読み聞かせや貸し出しを楽しみに、保育園の図書室へせっせと通った幼少期。交換日記や手紙など、毎日なにかを書かずにはいられなかった小・中学生時代。あのまっすぐな衝動を思いだし、あらためて、「書く」「伝える」行為を楽しみたいと思います。人は、何歳になっても気づいた瞬間から再び始めればいい。すっきり、初心にかえります。